HELP FILE

技術者コンソールから暗証番号を使って Rescue Lens セッションを開始する

制限事項: 技術者は一度に 1 つのアクティブ Lens セッションのみ対応できます。
  1. 技術者コンソールにログインします。
  2. セッション ツールバーで、[新しいセッション] をクリックします。

    [新しいセッションの開始] ウィンドウが表示されます。

  3. ユーザーの名前または識別情報を [名前] フィールドに入力します。
    この名前は、[アクティブ セッション] タブやセッション リストに表示されます。
  4. [暗証番号] タブを選択します。
  5. [暗証番号の作成] をクリックします。
    6 桁の暗証番号が生成され、[新しいセッションの開始] ウィンドウとセッション ログに表示されます。
  6. ユーザーに、Rescue Lens アプリを起動するよう指示します (アプリは Google Play または App Store から入手できます)。

    重要: ユーザーが使用しているアプリが Rescue+Mobile アプリではなく、Rescue Lens アプリであることを確認してください。
    ユーザーに、チュートリアルが表示されることがあります。ユーザーは、[スキップ] または [OK] をタップできます。

  7. ユーザーに対して、デバイスのカメラとマイクへのアクセスの許可が求められます。ユーザーに、[OK] をタップするように指示します。
  8. ユーザーに暗証番号の入力を指示します。
    この段階で、カメラの画像はすでにユーザーのモバイル デバイスに表示されることがありますが、技術者コンソールへは何もストリーミングされません。
  9. ユーザーにエンドユーザー ライセンス契約への同意を指示します。
    セッションが技術者コンソールに表示されます。
  10. セッションを選択するには、セッション リストでセッションを選択してから、[開始] をクリックします。

    Rescue Lens のサポート セッションが開始されます。ライブ ビデオ映像が、ユーザーのデバイスのカメラから技術者にストリーミングされます。Lens の音声により、ユーザーと技術者は VoIP 接続を使って通信できます。