HELP FILE

URL にセッション データを送信する (URL 送信)

URL 送信機能について

URL 送信機能は、CRM 連携 API (特に requestPINCode) と組み合わせて使用するもので、CRM やその他のアプリケーションとの包括的な連携機能を提供します。

制限事項: 技術者コンソール デスクトップ アプリおよびブラウザ ベースの技術者コンソールでのみ利用できます。

URL 送信機能を使用すると、独自にホストしたサーバー スクリプトで Rescue のセッション データを適宜処理することができます。たとえば、データベース インポートやメール通知などの利用方法が考えられます。

動作の仕組み

  • Rescue Lens 技術者がサポート セッションを開始します。
  • セッションの開始時や終了時に、セッションのデータが指定の URL へ HTTP Post 経由か XML 形式で送信されます。
  • 独自のスクリプトでデータを処理します。

URL 送信機能の変数

URL 送信機能で送られる変数を以下に示します。

[...] の部分は実際のデータ値になります。この方法では、指定の URL に XML 要求が送信されます。これを XML パーサーで処理することになります。

Rescue セッション データ 説明
   
   
   
   
[...] 技術者の電子メール ([組織] タブで指定)
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
[...] ユーザー側デバイスのプラットフォーム
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

HTTP POST の使用

この方法では、URL の最後に付いた POST 変数でデータが送信されます。これは HTML フォームの送信と同じです。使用する変数の名前付けの方法は XML 形式の場合と同じです。
https://example.com/script.aspx]?SessionID=[...]&TechID=[...]&TechSSOID=[...] &TechDescr=[...]&CField0=[...]&CField1=[...]&CField2=[...]&CField3=[...]&CField4=[...] &CField5=[...]&Tracking0=[...]&ChatLog=[...]&Notes=[...]&WaitingTime=[...] &PickupTime=[...]&ClosingTime=[...]&WorkTime=[...]&LastActionTime=[...]&Transmitted=[...] &TSurvey0=[...]&TSurvey1=[...]&TSurvey2=[...]&TSurvey3=[...]&TSurvey4=[...]&TSurvey5=[...] &TSurvey6=[...]&TSurvey7=[...]&TSurvey8=[...]&TSurvey9=[...]
注: HTTP POST による方法では実際の POST データを使用します。GET メソッドでは正常に動作しません。

セッションデータを URL に送信するには

この機能では、Rescue Lens のセッション データを技術者から取得し、独自サーバーでホストした自作のスクリプトに送信できます。

この機能を実装するには、Web フォームまたは XML 処理に関する知識が必要です。Rescue データの送信先のページ/URL のコーディングとホストを自分で行う必要があります。
注: LogMeIn はコードのトラブルシューティングはサポートしません。
制限事項: 技術者コンソール デスクトップ アプリおよびブラウザ ベースの技術者コンソールでのみ利用できます。
  1. 組織ツリーで、設定を行う技術者グループを選択します。
  2. [設定] タブを選択します。
  3. [セッション データのエクスポート] で、セッションの詳細の送信先 URL を入力します。

    以下の場合にデータを送信できます。

    • セッションが開始したとき (セッションがアクティブ状態になったとき)
    • セッションが初めて開始したとき (セッションが初めてアクティブ状態になったとき)
    • セッションが終了したとき (終了状態になったとき)
    • セッションの保留または技術者への転送によってセッションが一時停止したとき
    • 技術者コンソールが更新されたか閉じられたとき

    • 技術者がアクセスできる URL を入力します。(例 : http://webserver/path)
    • 認証が必要な場合は、次の形式を使用します: http://[username]:[password]@webserver/path
  4. セッションの詳細の送信方法として、[HTML フォームのパラメータとして送信][XML データとして送信] の適切な方を選択します。
  5. デフォルトでは、チャット ログ全体が送信されます。送信するチャット データを変更するには、次のオプションを選択します。
    • システム メッセージのみを送信する場合は、[チャットのテキストを URL 送信から除外する] を選択します。技術者とユーザーがやり取りしたすべてのチャットが除外されます。
    • セッションが転送または保留されたとき、または技術者コンソールを実行するブラウザがセッション中に更新されたか閉じられたときに、システム メッセージのみを Rescue データ センターに送信する場合は、[チャットのテキストを Rescue データ センターのストレージから除外する] を選択します。システム メッセージのみがセッション終了時に送信されます。
  6. 変更を保存します。
    • 現在の技術者グループに設定を適用するには、[変更を保存] をクリックします。
    • 現在の技術者グループとそのすべてのサブグループに設定を適用するには、[変更をサブグループに保存] をクリックします。
    • 組織内のすべての技術者グループに同じ設定を適用するには、[設定をすべてのグループに保存] をクリックします。