HELP FILE

技術者が不在の場合の動作をプライベート セッション向けに設定するには

技術者が不在のときに要求が届いた場合のデフォルトの動作を設定します。

  1. 組織ツリーで、設定を行う技術者グループを選択します。
  2. [設定] タブを選択します。
  3. [技術者が不在] で、以下のオプションを選択します。
    オプション 説明
    セッションを維持する [セッションを維持する] を選択すると、オンラインで利用可能な技術者がいないときでも、すべてのセッションがキューに維持されます。
    待機中のセッションについて技術者にメールで通知する [待機中のセッションについて技術者にメールで通知する] を選択すると、技術者がログインしていない状態でサポート要求を受信したときに、関係する技術者にメールが届きます。このサポート要求を処理できるすべての技術者に対して、alerts@LogMeInRescue.com からメールが送信されます。
    セッションを終了して次の Web ページをユーザーに表示 [セッションを終了して次の Web ページをユーザーに表示] を選択すると、技術者が不在のときにはユーザーに特定の Web ページを表示できます。対応するボックスに、表示する Web ページの URL を入力します。
  4. 変更を保存します。
    • 現在の技術者グループに設定を適用するには、[変更を保存] をクリックします。
    • 現在の技術者グループとそのすべてのサブグループに設定を適用するには、[変更をサブグループに保存] をクリックします。
    • 組織内のすべての技術者グループに同じ設定を適用するには、[設定をすべてのグループに保存] をクリックします。