HELP FILE

インスタント チャットとは

インスタント チャットを使うと、サポート技術者はユーザーと双方向のチャット セッションを開くことができます。ユーザーがソフトウェアをダウンロードする必要はありません。LogMeIn Rescue の標準セッションでは、双方向通信を開始する前にユーザーが Rescue カスタマー アプレットをダウンロードする必要があります。インスタント チャットが有効な場合、セッションがピックアップされると直ちに双方向通信が開かれます。アプレットをダウンロードする追加手順は必要はありません。技術者がリモート セッションを開くか、ユーザーのデバイスをトラブルシュートする場合には、ユーザーにアプレットのダウンロードを求めることができます。インスタント チャットを使っても機能に劣る点はなく、むしろ Rescue アプレットを使うかどうかを選択できる柔軟性が得られます。

インスタント チャットを使う理由

  • インスタント チャットはリモート サポートにうってつけの拡張機能です。この機能を利用することで、サポート センターへの電話による問い合わせをさらに減らすことができます。
  • インスタント チャットは、ユーザーと技術者の間の接続をより簡単に、よりシームレスにします。
  • インスタント チャットは、チャット専用モードで解決できるサポート事例の場合、不要なダウンロードの手間を省きます。
  • インスタント チャットを利用すると、技術者は Rescue のフル セッションを開始したりユーザーのコンピュータにソフトウェアをインストールしたりする前に事例を解決することができます。
  • インスタント チャットを利用すると、技術者はより短い時間でより多くのセッションを処理しやすくなり、生産性を向上できます。
  • インスタント チャットは、技術的なヘルプ デスク以外の場面でも役立てることができるツールです (セールス部門や E コマースにおけるカスタマ サポートなど)。
  • インスタント チャットはカスタマイズおよび自社 Web サイトへの組み込みが可能です。

インスタント チャット セッションのサンプル

このサンプル セッションでは、組み込み型チャネル フォームとインスタント チャットの標準ユーザー インターフェイスを使用しています。

  1. ユーザーが Web サイトまたはサポート ページにアクセスし、チャネル フォームを使用してセッションを開始します。
  2. 技術者がチャネル キューからセッションをピックアップします。
  3. ユーザー側にインスタント チャットのユーザー インターフェイスが表示されます。ユーザーと技術者がチャットを行います。
  4. 技術者はユーザーのコンピュータを制御する必要があるかどうかを判断し、必要があればユーザーにアプレットのダウンロードを要求します。
  5. セッションは引き続きインスタント チャットのユーザー インターフェイスで行いますが、Rescue のすべての機能を利用できます。

LogMeIn Rescue Customization and Integration Guide (LogMeIn Rescue カスタマイズと連携ガイド) (英語のみ)』の「Customizing Instant Chat (インスタント チャットのカスタマイズ)」を参照してください。