HELP FILE

iOS デバイスでの画面共有 (ブロードキャスト) セッションの開始方法

iOS 用の Rescue + Mobile アプリ (v7.12.32 以降) は、iOS11 で導入された iOS ブロードキャスト機能を活用した画面共有の機能を備えています。この機能により、技術者はユーザーの iOS デバイス上の問題を Rescue+Mobile アプリの外側で解決できます。アプリがバックグラウンドに切り替わっても、Rescue 技術者コンソールへのデバイス画面の転送は続けられます。

LogMeIn Rescue は、技術者がリモート コンピュータおよびモバイル デバイスにアクセスするために使用するツールです。このガイドはユーザー向けに書かれていますが、Rescue 技術者はこのセクションの内容から、リモート サポート セッション中のエンドユーザー エクスペリエンスを確認できます。このドキュメントにおける「ユーザー」とは、リモート サポートを受ける顧客を意味します。

注意: 実際の画面と手順は、ユーザーのデバイス モデルと技術者側の LogMeIn Rescue 設定により、若干異なる場合があります。
重要:
  • iOS11 (以降) を実行しているデバイスに App Store の iOS 用 LogMeIn Rescue+Mobile v7.12.32 (以降) をインストールしておく必要があります。
  • サポート技術者には、有効な Rescue+Mobile アドオン ライセンスが必要です。
  1. iOS 用 LogMeIn Rescue+Mobile アプリをダウンロードします。

    ヒント: このアプリが既にデバイスにインストールされている場合は、ホーム画面またはアプリ トレイにある LogMeIn Rescue をタップします。このアプリをダウンロードしてインストールする方法の詳細については、『LogMeIn Rescue の詳細な接続ガイド』の「iOS デバイスで暗証番号セッションを開始する」を参照してください。

  2. 通知の画面が表示される場合があります。[続行] をクリックします。
  3. 6 桁の暗証番号が技術者から提供されます。
  4. その暗証番号を [6 桁の暗証番号を入力してください] と記されたボックスに入力し、[OK] をタップします。
  5. 同意を求められた場合は、[同意する] をタップしてエンドユーザー ライセンス契約に同意します。
  6. [セッションの種類を選択] 画面で、[ブロードキャスト] を選択します。

    注意: [チャット] を選択すると、基本的な機能セット (チャット、デバイス情報、共同参照など) を備えた「通常」の iOS サポート セッションが開始されます。
    ヒント: iOS 用 LogMeIn Rescue+Mobile アプリで既にブロードキャストを設定している場合は、ステップ 9 に進みます。

  7. ご利用のデバイスで、[設定] > [コントロール センター] に移動し、[コントロールのカスタマイズ] をタップします。
  8. [コントロールのカスタマイズ][画面記録] を含めます。
  9. ご利用のデバイスで、画面の下端から上にスワイプしてコントロール センターを開き、[画面記録] アイコンに対して 3D タッチまたは長押しの操作を行います。

    注意: 3D タッチ (iPhone 6S 以降) または長押し (以前のデバイス) を使用する必要があります。通常の短時間のタップでは不十分です。

  10. リストから [LogMeIn Rescue] を選択します。
  11. [ブロードキャストを開始] をタップします。ご利用のデバイスの画面をサポート技術者が確認できるようになります。
  12. デバイス画面の共有を停止するには、Rescue+Mobile アプリに切り替えて [記録を中止する] をタップします。
    [セッションの種類を選択] 画面が表示されます。これでデバイスの画面は技術者から見えなくなります。
  13. 以下のオプションのいずれかを選択できます。
    • デバイスの画面の共有を再開する場合は [ブロードキャスト] を選択
    • 「通常」の iOS サポート セッションを継続する場合は [チャット] を選択
    • セッションを終了する場合は [キャンセル] を選択
注意: 画面の右上隅にある [終了] をタップしてから [切断] を選択すると、いつでもセッションを終了できます。