HELP FILE

複数のコンピュータでの無人アクセスの設定 (アクセス ウィザード)

この記事は Rescue 管理者向けのガイダンスを提供します。

アクセス ウィザードを使用すると、Rescue ユーザーが無人アクセス サービスを複数のデバイスに一括展開できて便利です。インストーラの展開後、Rescue 管理者は自分が作成したそれぞれの MSI に関連付けられているコンピュータを管理できます。

インストーラの作成

マスタ アカウント ホルダと管理者は、アクセス ウィザードによって MSI インストーラを作成できます。
  1. LogMeIn Rescue アカウントにログインし、[マイ アカウント] に移動します。
  2. [アクセス ウィザードの起動] をクリックします。

    [アクセス ウィザード] ページが表示されます。

    注: プロセスの途中のどの時点でも、右下隅にある [破棄して閉じる] をクリックして [マイ アカウント] ページに戻ることができます。ただし、設定したすべてのパラメータが破棄されます。

  3. インストーラのパラメータを設定します。

    名前
    ここで指定した名前により、インストーラとその関連付けられたコンピュータが以下の場所で識別されることになります。
    • 管理センター内:[コンピュータ] タブの [無人 MSI] セクション (詳細については、管理センターでの無人アクセスの管理を参照)。
    • 技術者コンソール内:[コンピュータ] ウィンドウの [無人アクセス可能] タブにある [説明] フィールド。
      注: 無人アクセス可能なコンピュータの一覧を確認するには、セッション ツールバーの [コンピュータ] アイコンをクリックします。
    説明
    説明を追加する必要があります。インストーラが展開されるコンピュータの説明として管理センターに表示されます。
    時間の範囲
    無人コンピュータを設定された時間帯 (営業時間、または休憩時間のみ、など) に限り使用可能にする場合、時間の範囲を選択します。範囲が指定されない場合のデフォルト値 (12 AM - 12 AM) は、無人コンピュータを 1 日あたり 24 時間、休みなく使用できることを意味します。
    無人アクセスの有効期限
    無人アクセスの有効期限 (日単位または週単位で指定) を設定するか、[無期限] をオンにして永続的にアクセス可能にします。

  4. [次の手順へ] をクリックします。

    ウィザードの手順 2/3 が表示されます。

  5. このインストーラが展開されている任意のコンピュータにアクセスできるようにする技術者または技術者グループあるいはその両方を選択します。

    • 個々のユーザーを選択するには、[技術者] タブを使用します。
    • 1 つ以上の技術者グループ全体を選択するには、[技術者グループ] タブを使用します。
    注: 技術者グループを選択すると、そのグループの各メンバーが [技術者] タブの確認時にチェックを入れたときと同じように表示されます。

  6. [次の手順へ] をクリックします。

    ウィザードの最終画面に、作成されるパッケージの概要が表示されます。

    注: 変更が必要な場合は、[前の手順へ] をクリックすると、1 つ前の手順に戻ることができます。

  7. MSI インストーラを生成してダウンロードするには、[インストーラのダウンロード] をクリックします。

    インストーラの生成が済むと、ファイルをコンピュータ上に保存するよう求められます。

  8. ウィザードを終了するには、[終了して閉じる] をクリックします。

インストーラの展開

MSI ファイルを共有および展開する方法は複数あるので、Rescue ユーザーは無人アクセス デバイスの最初のセットップを柔軟に行うことができます。以下に、インストーラ ファイルの共有と展開を行う例をいくつか示します。
  • 離れた場所にいるベンダーに MSI をメールで送信する
  • 現場でコンピュータにインストールするために MSI をペンドライブに保存しているフィールド サービス エージェント
  • ユーザーが自分でインストールできるように MSI のダウンロード用リンクをポータル ページに表示する
  • グループ ポリシーによって社内ネットワーク上のコンピュータに MSI を展開する
    注: このオプションは、読者が Microsoft グループ ポリシー管理のような組み込みの Windows ソフトウェア配布方法を熟知および使用していることが前提となります。

管理センターでの無人アクセスの管理

このセクションでは、アクセス ウィザードによって作成された MSI インストーラの管理について説明します。無人コンピュータの管理全般については、 無人のコンピュータの割り当てまたは削除を行う方法」を参照してください。
  1. 管理センターの組織ツリーで、[技術者] ルートまたは [技術者グループ] を選択します。
  2. [コンピュータ] タブを選択します。

    [無人 MSI] セクションに、選択した組織エンティティ向けに生成されたインストーラのリストが表示されます。

  3. MSI インストーラは以下の方法で管理できます。

    インストーラを再びダウンロードする
    [インストーラの再生成] で、ご利用の OS に応じて [x86] または [x64] をクリックします。
    インストーラを期限切れにする
    [インストーラの再生成] で、[パッケージを期限切れにする] アイコンをクリックします。

    インストーラをダウンロードできなくなります。