HELP FILE

スクリプトの作成および編集の方法

この記事は Rescue 技術者向けのガイダンスを提供します。

技術者コンソールでは、スクリプトとリソース ファイルを数の制限なく指定できます。LogMeIn Rescue では、スクリプトをホスト コンピュータの Rescue 一時フォルダに転送し、実行します。

管理センターで、[スクリプトの展開] が技術者グループ レベルで有効になっている必要があります。

  1. コンソールの状態を示す領域で、[ツール][スクリプトの管理] の順に選択します。
    [スクリプトの管理] ページが表示されます。
  2. [新規追加] をクリックします。
  3. スクリプトの名前を [スクリプト名] フィールドに入力します。
  4. [スクリプト ファイル] フィールドの横にある [参照] をクリックして作成済みのスクリプトを指定します。

    このスクリプトは、ローカル コンピュータに存在する必要があります。

  5. [リソース ファイル] フィールドを使って、スクリプトの実行または補助に必要なほかのファイルを添付します。

    リソース ファイルは、スクリプトを介してユーザーに送信されるファイルです。例えば、スクリプトによって ZIP ファイルがユーザーに送信される場合、この ZIP ファイルがリソース ファイルです。

    リソース ファイルは、ローカル コンピュータに存在する必要があります。

  6. セッション開始時にスクリプトが自動的に実行されるようにするには、[アプレットの開始時に実行する] を選択します。
  7. スクリプトを実行するオペレーティング システムを選択します。
  8. [保存] をクリックします。
    スクリプトは、[スクリプト] タブのローカル スクリプトのセクションに表示され、アクティブ セッション中に展開できるようになります。

スクリプト定義を XML ファイルからインポート、または XML ファイルへエクスポートするには、[インポート] または [エクスポート] をクリックします。

上下の矢印をクリックすると、番号が割り振られたスクリプトの実行順序を変更できます。
注意: [アプレットの開始時に実行する] ボックスがオンになっているスクリプトのみが自動的に実行されます。
ヒント: サンプルのスクリプトを LogMeIn コミュニティのスクリプト リポジトリから入手できます。
ヒント : 頻繁に使用されるスクリプトは、お気に入りに登録すると簡単に見つけることができます。お気に入りに登録するスクリプトの横にある星形のアイコンをクリックします。
そのスクリプトが [お気に入りのスクリプト :] の一覧に表示されます。

最大 5 つのスクリプトをお気に入りのスクリプトに登録できます。