HELP FILE

管理者を追加するには

この記事は Rescue 管理者向けのガイダンスを提供します。

管理者は技術者と技術者グループを管理し、レポートの生成などを行います。

このオプションはマスタ管理者のみが使用できます。

管理者には次のような特徴があります。

  • 割り当てた技術者および技術者グループをすべて管理します
  • 必要に応じて技術者および技術者グループを無効にします
  • レポートを生成します
  • 割り当てた技術者グループのサポート チャネルを構成します
  • 複数の技術者グループに割り当てることができます
  • 技術者のすべての機能を実行できます (ライセンスがある場合)

  1. 組織ツリー内で新しい管理者を追加する場所を右クリックし、[管理者の作成] をクリックします。
    • 管理者のルートレベルで新しい管理者を追加するには、組織ツリーの [管理者] を右クリックします。
    • 既存の管理者グループのメンバとして新しい管理者を追加するには、組織ツリーで該当のグループを右クリックします。

    組織ツリーで選択した場所に、新しい管理者が追加されます。

  2. 組織ツリーで目的のユーザーを選択していることを確認したうえで、[組織] タブをクリックします。

    [設定] ページが表示されます。

  3. 以下のオプションを編集します。
    オプション 説明
    名前 組織ツリーと技術者コンソール (ライセンスがある場合) に表示されるユーザー名。
    電子メール ユーザーが LogMeIn Rescue へのログインに使用する電子メール アドレス。
    シングル サインオン ID シングル サインオンが有効な場合にユーザーがログオンに使用する ID 番号。
    説明 覚え書きのための領域。
    新しいパスワード ユーザーが LogMeIn Rescue へのログインに使用するパスワード。
    注: 初回ログイン時にユーザーにパスワードの変更を要求する場合は、[グローバル設定] タブの [パスワード ポリシー] セクションで [管理者によるパスワード変更の後、ユーザーの次回ログオン時にパスワード変更を強制] オプションが選択されていることを確認してください。
    パスワードの最低強度 パスワードに求められる最低限の強度。[グローバル設定] タブの [パスワード ポリシー] で設定します。
  4. [状態][有効] を選択し、ユーザーを有効化します。
  5. [変更を保存] をクリックします。
ヒント: 1 つまたは複数のグループにユーザーを割り当てるには、ユーザーのアイコンを対象のグループにドラッグします。