HELP FILE

LogMeIn Rescue システム要件

これらのハードウェア、ブラウザ、およびネットワーク構成の最小要件は、Rescue サポート セッション中のデバイス担当者およびユーザーによる使用に適用されます。

この記事のトピック:

重要: LogMeIn Rescue では、正式にサポートされている最新のサードパーティ テクノロジーを使用してください。LogMeIn Rescue は、各ベンダーが正式にサポートし、エンド ユーザーが適切にメンテナンスしている (最新のパッチや更新プログラムがインストールされている) サードパーティ製品やサービス (ブラウザや OS など) とともに使用することを想定して設計されています。詳細はこちら

技術者側デスクトップ デバイスのシステム要件

LogMeIn Rescue 技術者コンソールを実行するコンピュータはすべて、以下のシステム要件を満たしている必要があります。

スタンドアロン バージョンの技術者コンソールを使用する場合の要件

  • Microsoft Windows Vista 以降
  • Apple Macintosh OS X 10.7 (Lion) 以上 (Mac 用技術者コンソール デスクトップ アプリケーションの場合)
  • 有効なインターネット接続 (リモート制御またはリモート表示を行う場合は ISDN 以上の速度が必要)
  • 最大 100MB のメモリ (リモート制御セッションごとに 20MB を追加)
  • 最大 30MB のストレージ領域 (スマートフォンのシミュレート時は 20MB を追加)

ブラウザベースの技術者コンソールを使用する場合の要件:

  • Microsoft Windows Vista 以降
  • Microsoft Server 2008 以降 (64 ビット版を含む)
  • Internet Explorer 7 以降 (128 または 256 ビットの暗号化サポート必須)
  • Firefox (バージョン番号が 43 未満のもの)
  • Chrome および MS Edge はサポートされていません
  • 有効なインターネット接続 (リモート制御またはリモート表示を行う場合は ISDN 以上の速度が必要)
  • 最大 100MB のメモリ (リモート制御セッションごとに 20MB を追加)
  • 最大 30MB のストレージ領域 (スマートフォンのシミュレート時は 20MB を追加)

共同作業バージョンの技術者コンソールを使用する場合の要件:

  • Microsoft Windows Vista 以降
  • 有効なインターネット接続 (リモート制御またはリモート表示を行う場合は ISDN 以上の速度が必要)
  • 最大 100MB のメモリ (リモート制御セッションごとに 20MB を追加)
  • 最大 30MB のストレージ領域 (スマートフォンのシミュレート時は 20MB を追加)

Rescue Lens 技術者コンソールを使用する場合の要件:

  • 帯域幅が 800 kbit/秒以上のインターネット接続
  • サポート技術者とユーザーの両方のネットワークから、以下に指定した Web リソースにアクセスできる必要があります。
    • *.logmeinrescue.com ドメイン グループ
      注意: Rescue の企業ユーザーの場合は、*.logmeinrescue-enterprise.com ドメイン グループがこれに相当します。
    • 送信宛先ポートとプロトコルが明示的にフィルタされるネットワークでは、Rescue 側に次のポートが使用されます。
      • Rescue Lens メディア セッションの場合は 15000 (UDP トラフィック) または 443 (TCP トラフィック)

        例: rescuemedia[XX-XX].logmeinrescue-enterprise.com:443

ユーザー側デスクトップ デバイスのシステム要件

LogMeIn Rescue を使用する技術者は、次のシステム要件を満たすコンピュータにリモート サポートを提供できます。

  • Microsoft Windows Vista 以降
  • Microsoft Server 2008 以降 (64 ビット版を含む)
  • Apple Macintosh OS X 10.4 (Tiger) 以降
    注意: Mac インスタント チャットを利用する Rescue アプレットは、Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) 以上のみをサポートしています。
  • 最適なパフォーマンスを得るため、ユーザーがブロードバンド接続 (T1、ケーブル モデム、ISDN、または DSL) 経由でインターネットに接続することを強く推奨。28K ダイヤルアップ接続もサポート可
  • 100MB のメモリ。リモート制御セッションごとに 20MB を追加 (技術者の共同作業を行うと、ユーザー側デバイスで複数のリモート制御セッションが同時に開かれるため)

サポートされていない OS を検出した場合のセッションの対応方法を選択する

サポートされていないオペレーティング システムを使用するユーザーが Rescue セッションを開始しようとする可能性があります。管理者は、管理センター[グローバル設定] タブにある [サポートされていないユーザーの OS] > [サポートされていない OS を検出した場合] で、2 つのオプションから選択できます。

  • インスタント チャット セッションの開始 – インスタント チャット セッションにユーザーを招待します。
  • セッションを開始しない – サポートされていないブラウザを使用しているため、セッションが開始できないというメッセージをユーザーに表示します。

ユーザー側モバイル デバイスのシステム要件

Rescue+Mobile アプリを使用する場合の要件

Android の要件:

  • Android 4.4 以降 (Android 5.0 以降推奨)
  • デュアルコア CPU (クアッドコア CPU 推奨)
  • 1 GB の RAM (2 GB 推奨)
  • 20 MB の空き容量
  • 帯域幅が 400 kbit/秒以上のインターネット接続 (4G/LTE または同等の WiFi を推奨)
高度なリモート制御を使用する場合の要件:

高度なリモート制御機能では、Android 6.0 以降を実行していて Android の Accessibility API をサポートしているすべてのデバイスが現在サポートされています。

注意:
Android の Accessibility API をサポートしていないデバイスに接続する場合は、 Google Play からアドオン アプリケーションをダウンロードして、従来のアドオン方式を使用することができます。

  • KNOX を搭載した Samsung デバイス
  • Android 4.4 以降を実行している以下のデバイス:
    • LG
    • HTC
    • Honeywell 製の Mobility Edge
    • Huawei
    • 一部の Positivo デバイス

iOS の要件:

  • iOS 11 以降
  • 20 MB の空き容量
  • 帯域幅が 400 kbit/秒以上のインターネット接続 (4G/LTE または同等の WiFi を推奨)
制限: iOS デバイスでは高度なリモート制御を使用できません。詳細については、「iOS デバイスのサポート」を参照してください。

Rescue Lens モバイル アプリを使用する場合の要件

Rescue Lens の Android 要件:

  • Android 4.4 以降 (Android 5.0 以降推奨)
  • デュアルコア CPU (クアッドコア CPU 推奨)
  • 1 GB の RAM (2 GB 推奨)
  • 25 MB の空き容量
  • オートフォーカスを装備した解像度 640 x 480 のカメラ
  • 帯域幅が 400 kbit/秒以上のインターネット接続 (4G/LTE または同等の WiFi を推奨)

Rescue Lens の iOS 要件:

  • iOS 11 以降
  • 20 MB の空き容量
  • 帯域幅が 400 kbit/秒以上のインターネット接続 (4G/LTE または同等の WiFi を推奨)