HELP FILE

アプリ内サポート用モバイル SDK に使用する API キーを管理する

Rescue のアプリ内サポート用モバイル SDK を使用すると、ユーザーはアプリ内で Rescue のサポート セッションを確立できます。

SDK によって、技術者は LogMeIn Rescue 技術者コンソールの次の機能を使うことができます。

  • デバイス情報を取得する
  • エンド ユーザーとチャットする
  • URL を送信する
  • アプリの画面を見る (技術者の設定による)
  • アプリの画面に注釈をつける
SDK は iOS と Android の両プラットフォームに対応しています。 詳しくは 『LogMeIn Rescue アプリ内サポート ドキュメント』を参照してください (英語のみ)。

問題が発生した場合は、 iOS および Android それぞれの FAQ ページを参照してください。

API キーを作成するには

SDK は API キーを使用して Rescue でアプリの認証を行います。 SDK を使用し、アプリでセッションを開始できるようにするには、管理センターで API キーを作成する必要があります。
  1. [グローバル設定] タブの、[API キー] にある [API キーの管理] をクリックします。 [API キー] ウインドウが表示されます。
  2. [API キーの新規作成] をクリックします。
  3. アプリ固有の ID を入力します。
    • Android 用の開発を行っている場合は、パッケージ名を入力します。 パッケージ名は、マニフェスト ファイルのルート要素にあるパッケージ属性です。
    • iOS 用の開発を行っている場合は、Bundle ID を入力します。 Bundle ID の場所と設定については、『iOS Developer Library』ドキュメントを参照してください。
  4. [作成] をクリックします。
SDK を使用した Rescue セッションをプログラムで開始する場合、作成されたAPI キーを指定する必要があります。
管理センターで API キーの編集、無効化を行うことができます。 API キーの一覧で、変更するキーの上にカーソルを置き、 [変更] アイコンをクリックします。 変更を行い、 [保存] をクリックします。 API キーが瞬時に更新されます。