HELP FILE

モバイル デバイスへのアクセス

この記事は Rescue 技術者向けのガイダンスを提供します。

Rescue 技術者コンソールを使用すると、技術者は [Click2Fix] タブと [カスタマー ディスプレイ] タブのどちらからでも、リモート制御セッションを起動できます。また Rescue では、技術者がユーザーのモバイル デバイスの画面を、制御を取得せずに表示することもできます。

Click2Fix からのリモート制御の起動

組織には、有効な Rescue+Mobile アドオン ライセンスが必要です。

組織の技術者グループには、モバイル用の Click2Fix を使用する権限が必要です。

組織の技術者グループには、リモート制御セッションを開始する権限が必要です。

セッションがアクティブであることが必要です。

どのデバイスを制御できますか? 詳細については、「LogMeIn Rescue システム要件」を参照してください。

制限: iOS デバイスでは高度なリモート制御を使用できません。詳細については、「iOS デバイスのサポート」を参照してください。

  1. [デバイス表示][Click2Fix] タブで、[新しいウィンドウでリモート制御に切り替え] をクリックして分離ウィンドウを表示します。

    結果: ユーザーのデバイスを表示する新しいウィンドウが開きます。

  2. ユーザーとチャットしながらデバイスをリモート制御します。
    • コンピュータのキーボードは通常どおりに使います。
    • マウスを使って、モバイル デバイスのキーパッドを制御します。

    モバイル デバイスをリモートから制御する際は以下の機能を使用できます。

      Android
    ホワイトボード機能 はい
    レーザー ポインター はい
    スクリーン キャプチャ はい
    画面記録 はい

  3. セッション ツールバーの [終了] をクリックし、セッションを終了します。

[カスタマー ディスプレイ] タブからのリモート制御

組織の技術者グループには、モバイル用のカスタマー ディスプレイを使用する権限が必要です。

どのデバイスを制御できますか? 詳細については、「LogMeIn Rescue システム要件」を参照してください。

制限: iOS デバイスでは高度なリモート制御を使用できません。詳細については、「iOS デバイスのサポート」を参照してください。

  1. [カスタマー ディスプレイ] タブで、[リモート制御セッションの起動] をクリックしてリモート制御をアクティブにします。

    結果: 対応デバイスであれば、ユーザーのデバイスのシミュレーションが表示されます。対応デバイスでない場合は、汎用シミュレーションが表示されます。

  2. ユーザーとチャットしながらデバイスをリモート制御します。
    • コンピュータのキーボードは通常どおりに使います。
    • マウスを使って、モバイル デバイスのキーパッドを制御します。

    モバイル デバイスをリモートから制御する際は以下の機能を使用できます。

      Android
    ホワイトボード機能 はい
    レーザー ポインター はい
    スクリーン キャプチャ はい
    画面記録 はい

  3. セッション ツールバーの [終了] をクリックし、セッションを終了します。

関連のある Click2Fix ウィジェット:

  • デバイス閲覧ウィジェット

リモート制御中の特殊文字の送信

リモート制御セッションでモバイル デバイスにサポートを提供する際、技術者は自身のキーボードを使用してモバイル デバイス上の入力フィールドにテキストを入力できます。特殊文字 (大文字を含む) を便利に使用するには、以下の手順に従います。

注意: モバイル デバイスとのアクティブなリモート制御セッションに参加している必要があります。
制限: iOS デバイスでは基本的なリモート制御機能のみを使用できます。詳細については、「iOS デバイスのサポート」を参照してください。
  1. リモート制御ツールバー[ここにテキストを入力してください] フィールド内をクリックします。
  2. 自身のキーボード レイアウトを使用して、モバイル デバイスの入力フィールドに入力する文字を入力します。
  3. [ここにテキストを入力してください] フィールドの横にある [入力] アイコンをクリックします。

    結果:

    • iOS デバイスの場合は、その文字列がモバイル デバイスの入力フィールドに表示されます。
    • Android デバイスの場合は、その文字列がモバイル デバイスのクリップボードにコピーされます。

  4. デバイスのプラットフォームに応じて、以下の手順を実行します。
    • iOS デバイスの場合は、マウスを使用して、ユーザーのデバイスのシミュレーション表示上でデバイスの [送信]/[転送] ボタンをクリックします。
    • Android デバイスの場合は、ユーザーのデバイスのシミュレーション表示上で入力フィールドを長押しして、[貼り付け] をクリックします。文字列がデバイスの入力フィールドに表示されたら、[送信]/[転送] ボタンをクリックします。

リモート閲覧 (リモート制御なし)

リモート閲覧を使うと、技術者はユーザーの Android 5.0+ デバイスの画面を、デバイスの制御を取得せずに閲覧することができます。

注意: iOS デバイスの場合、技術者に見えるのは Rescue+Mobile アプリ画面に表示されているものだけです。iOS のブロードキャスト機能を利用してリモート閲覧の使いやすさを向上させる方法については、「iOS デバイスのサポート」を参照してください。
  • [Click2Fix] または [カスタマー ディスプレイ] タブの [デバイス表示] で、再生ボタンをクリックします ("ユーザーのデバイスを表示")。

    ヒント: iOS デバイスでは、[左に回転]/[右に回転] ボタン ([デバイス表示] の下、または [カスタマー ディスプレイ] タブの場合はセッション ツールバー上) を使用して、横向きモードと縦向きモードを切り替えることができます。

    結果: ユーザーのデバイスの画面が、[デバイス表示] セクションに表示されます。