HELP FILE

ユーザ側の操作: ホットライン

ホットライン セッションがユーザーの目にどう映るのかを理解しておくと、サポート作業に役立ちます。

セッションが開始される前に、ユーザーは [接続] メニューを使って接続方式 (暗証番号またはチャネル) を選択できます。 また、ユーザーは [設定] メニューをクリックして、プロキシ設定を変更できます。

Rescue Calling 標準インターフェイス (接続前)
Rescue Calling 標準インターフェイス
ホットライン セッション中にユーザーは以下の操作を行えます。
  • 技術者とチャットする
  • 詳細なセッション ログの表示
  • 特定の操作を実行する権限を技術者に許可または拒否
  • ファイルを技術者 (共同作業セッション中は主任技術者) へ送信する
  • 表示フォント サイズを変更する
  • 左上の大きな X マークをクリックしてリモート制御を終了する
  • 右上の小さな X マークをクリックしてセッションを終了する
  • 簡潔なヘルプ ファイルを表示する
Rescue Calling 標準インターフェイス (セッション中)
ホットライン、セッション中