HELP FILE

カスタム フィールドを設定する

カスタム フィールドでは、ユーザーまたはセッションについての情報を集めることができます。

カスタム フィールドに名前を付けるには

カスタム フィールドでは、ユーザーまたはセッションについての情報を集めることができます。レポートおよび技術者コンソールに表示されるフィールドの名前を設定します。

  1. [グローバル設定] タブを選択します。
  2. [カスタム フィールド] で、各種フィールドの名前を設定します。
    オプション 説明
    名前フィールドの名前 このフィールドはセッションのメインの識別子として使用されます。組織によっては、所定の名前ではなく、社員番号や ID コードを使用するとよい場合があります。
    カスタム フィールドの名前 セッションの追加的な識別子。技術者はこれらのフィールドを、セッション リストの列として追加できます。[キューのインライン編集] を使用する権限を持つ技術者は、これらのフィールドに入力した値をセッション中に編集できます。
  3. [変更を保存] をクリックします。
注意: 管理センターの組織ツリーおよび [グローバル設定] タブのカスタム フィールドの既定の言語は、LogMeIn Rescue Lens アカウントの登録時に使用した言語に応じて設定されます。この機能により、カスタム フィールドや組織ツリーの項目名の不要な変更を防ぎます。

プライベート セッション用にカスタム フィールドを有効にするには

カスタム フィールドは、技術者コンソールの [新しいセッションの開始] ダイアログ ボックスに表示されます。新しいセッションを開始するときに技術者が目にします。

  1. 組織ツリーで、設定を行う技術者グループを選択します。
  2. [設定] タブを選択します。
  3. [カスタム フィールド (プライベート セッション)] で、以下のオプションを選択します。
    • [有効] を選択すると、カスタム フィールドがアクティブになり、[新しいセッションの開始] ダイアログ ボックスに表示されます。
    • [必須] は、新しいセッションの開始前に技術者が入力する必要のある各フィールドに対して設定します。
    • [オープン テキスト] を選択すると、技術者がフィールドのテキスト ボックスに任意のテキストを入力できます (最大 64 文字)。
    • [ドロップダウン] を選択すると、フィールドにドロップダウン リストと選択肢を追加できます。
  4. 変更を保存します。
    • 現在の技術者グループに設定を適用するには、[変更を保存] をクリックします。
    • 現在の技術者グループとそのすべてのサブグループに設定を適用するには、[変更をサブグループに保存] をクリックします。
    • 組織内のすべての技術者グループに同じ設定を適用するには、[設定をすべてのグループに保存] をクリックします。